• Small Traveling Pavilion

    2014.10/ 2015.8/ 2015.11

    collaborator : Yasuyo Yamamoto, Chie Yamazaki

  • This project was realized as part of a public art competition in Saitama, Japan, entitled “Small Traveling Pavilion”, organized by The Saitama Muse Forum, for which I won first place with my friends in a field of 200 applicants. The competition required us to design a small construction which created minimal personal space in a public area while enriching its surroundings by allowing people to interact with the space – the structure also had to be transportable.The idea of the design on this assignment was to create a world apart from everyday normality. We tend not to pay attention to familiar things in our surroundings. For instance, we might not see that trees look different on a daily basis depending on the season, the time or the weather. Or you might not notice an ornate house just around the corner as it is so familiar to you.It is a great pity that we fail to recognize these kinds of small details in our daily lives. However, when we come back from traveling, it often happens that we see familiar things through different eyes. This happens probably not because “the things”have changed, but because the relationship between us and “the things” has evolved. In this way going to “a different world” gives us a different perspective on our surroundings.

  • このプロジェクトは Saitama Muse Forum 主催のアート空間デザインコンペ「旅する小さな家」で200点以上の応募の中から最優秀賞となった案を、実現したものである。コンペの概要は「旅」する先々で小さなパーソナルスペースを生み出し、それが街のなかに出現することで場所の魅力を引き出し、周囲に様々なアートの可能性を拡げる「小さな家」を提案するというものであった。2.4m四方の木の板を、スペーサーをかませながら48枚積層させている。内部空間が球体になるように、一枚一枚の板は円形にくりぬかれている。40cm × 60cmのにじり口のような小さな入口から、身体を屈めて入る。内部は黒く塗られていて、外観から想像するよりも大きく感じられるが、暗すぎてどんな空間なのか把握するのに数秒かかる。しばらくすると、板と板の隙間から、周りの風景や色が切り取られて視界に入ってくる。木の「緑」がとても鮮やかで、外にいる友人の服の「赤」がちらちらと動く。さっきまでは意識していなかった景色がすぐそこにあることに気づく。どこからともなく外の音や会話が聞こえてきて、それが遠くの音なのか近くの音なのか、距離感が分からなくなる。一歩踏み入れただけで小宇宙・異空間・別世界、そのようなことばが似合うような空間、それを体験することで「何か身近なこと」を再認識できるような建築をめざした。